-肌荒れの対策

2009年11月アーカイブ

肌の水分が減ってかさかさになった状態を肌荒れした状態といいます。空気の乾燥した冬になると、乾燥肌の人が悩まされることが多いようです。そしてシミやシワなど別のトラブルのきっかけになるのです。

女性の肌の皮脂は男性に比べてもともと少ないとわれており、25歳くらいから減少していきます。皮脂の量が少ないと肌荒れの原因となります。それは肌から水分が逃げやすくなり、最近が繁殖しやすくなることによって、肌のうるおいがなくなるからです。とくに目の周りが荒れることが多いのは皮膚が薄いためです。

皮膚がうすいと皮脂腺が少ないので肌荒れしやすいのです。また精神的にストレスがかかると、肌がかさついたり、痒みが出たり、ニキビができたりして肌荒れがおこるこがあります。ストレスによって免疫力が低下すると、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。それが皮膚に影響して肌荒れがおこってしまうのです。

ストレスで眠れなくなってしまったり、食生活が乱れたりするのも肌荒れの原因となります。肌荒れは、皮膚の脂肪の分泌を促している男性ホルモンが減少するため、角層が 乾燥してひび割れた状態になるので起こります。暖かい季節は肌の潤いを保ちやすくなります。なぜなら湿度が高く、汗をかくからです。反対に寒い季節は肌荒れが起きやすくなります。

空気が乾燥して、汗をあまりかかないからです。洗顔するときには、熱いお湯だけでは皮膚の脂肪がかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で顔を洗いましょう。その後水で顔を洗います。これが肌荒れ対策としては有効です。そうすると毛穴が引き締まり、潤いが保たれ、肌荒れ対策になります。

 

 転職を成功させる  脳卒中の予防  心筋梗塞

肌荒れは世の女性の多くが抱える悩みのひとつといえると思いますが、それには種類もあり、また対策もそれぞれにあります。手が荒れるのを防ぐためには、ゴム手袋をはめることが多いでしょう。このとき、まずゴム手袋をはめる前に、保湿クリームを塗りましょう。それからさらに保湿用の手袋をはめ、それからゴム手袋をするようにすると、手荒れには大変効果があります。また体全体の保湿には、お風呂のお湯の中に木酢液を入れるのが効果的です。

洗顔や、体を洗うときには、朝鮮人参石けんがいいでしょう。洗顔にはほかに、火山灰の洗顔フォームなどもあり、これも肌荒れを防ぐためには効果があるでしょう。ワセリンは肌荒れにいいとよくいいますが、寝る前にこれをガーゼに塗ったものをつけるのもいいでしょう。

そのガーゼをつけた後は、包帯やサポーターではずれないように固定すれば、寝ていても安心です。唇や手などの荒れが気になる人は、お出かけの際に常にハンドクリームやリップクリームを持ち歩くようにすることも大切です。私は以前からすごく肌が弱く肌荒れに悩んできましたが予防法を実践しています。そして病院で対策方法を教えてもらって実践して、最近は肌荒れをしなくなりました。

 

 シワの除去  ETCカード  ダイエットサプリ

肌荒れ対策にはとても必要な,肌荒れに効く栄養素を紹介します。肌荒れに効く栄養素のまずひとつめは、ビタミンB2です。ビタミンB2は細胞の再生や成長を促進する働きがあります。こんなビタミンB2が足りなくなると、体の脂質が代謝されにくくなり、肌荒れを起こしたり疲れやすくなったりしてしまいます。

ビタミンB2は、食べ物でいうと牛乳、卵、チーズ、そして豚肉、納豆などに含まれています。それからふたつめの肌荒れ対策にいい栄養素は、ビタミンCです。ビタミンCにはまず肌の張りを保ち、しみやシワができにくくする力があり、血中コレステロール値を下げたり、さらにはストレスを抑えるなどの力もあるのです。

このビタミンCは、主に柑橘類を中心にした果物に含まれています。そして肌荒れを防ぐ栄養素の三つめはビタミンEで、これは体に悪影響を及ぼす化成酸素や過酸化脂質が生まれにくする働きがあり、種実類や植物脂に含まれています。肌荒れによい栄養素の四つめはコラーゲンで、コラーゲンは、細胞と細胞の隙間を埋める働きがあります。

すなわち皮膚などを結合させる組織の主成分で、ゼラチンやフカヒレなどに含まれています。肌荒れを防止するには、このような栄養素を常に食事で摂るように心がけておくことが大切でしょう。

 

 ニキビの予防  口臭の原因と対策  ワキガの治療
カテゴリー
更新履歴
肌荒れの原因と対策(2009年11月15日)
肌荒れ対策グッズ(2009年11月15日)
肌荒れによい栄養素(2009年11月15日)
カテゴリー
更新履歴
肌荒れの原因と対策(2009年11月15日)
肌荒れ対策グッズ(2009年11月15日)
肌荒れによい栄養素(2009年11月15日)