Top > 肌荒れの原因と対策

肌荒れの原因と対策

肌の水分が減ってかさかさになった状態を肌荒れした状態といいます。空気の乾燥した冬になると、乾燥肌の人が悩まされることが多いようです。そしてシミやシワなど別のトラブルのきっかけになるのです。

女性の肌の皮脂は男性に比べてもともと少ないとわれており、25歳くらいから減少していきます。皮脂の量が少ないと肌荒れの原因となります。それは肌から水分が逃げやすくなり、最近が繁殖しやすくなることによって、肌のうるおいがなくなるからです。とくに目の周りが荒れることが多いのは皮膚が薄いためです。

皮膚がうすいと皮脂腺が少ないので肌荒れしやすいのです。また精神的にストレスがかかると、肌がかさついたり、痒みが出たり、ニキビができたりして肌荒れがおこるこがあります。ストレスによって免疫力が低下すると、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。それが皮膚に影響して肌荒れがおこってしまうのです。

ストレスで眠れなくなってしまったり、食生活が乱れたりするのも肌荒れの原因となります。肌荒れは、皮膚の脂肪の分泌を促している男性ホルモンが減少するため、角層が 乾燥してひび割れた状態になるので起こります。暖かい季節は肌の潤いを保ちやすくなります。なぜなら湿度が高く、汗をかくからです。反対に寒い季節は肌荒れが起きやすくなります。

空気が乾燥して、汗をあまりかかないからです。洗顔するときには、熱いお湯だけでは皮膚の脂肪がかなり落ちてしまうので、ぬるま湯で顔を洗いましょう。その後水で顔を洗います。これが肌荒れ対策としては有効です。そうすると毛穴が引き締まり、潤いが保たれ、肌荒れ対策になります。

 

 転職を成功させる  脳卒中の予防  心筋梗塞
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
肌荒れの原因と対策(2009年11月15日)
肌荒れ対策グッズ(2009年11月15日)
肌荒れによい栄養素(2009年11月15日)